さいたま市浦和区の歯医者 菅原歯科医院 HOME > インプラント

インプラント

しっかり噛める固定式の人工歯根「インプラント」

インプラント治療は、失ってしまった自分の歯の代わりにチタン製の人工歯根を顎の骨に埋め込み、その上から人工歯を取りつけて噛み合わせを回復する治療法。入れ歯とは異なりしっかり骨に固定されるため、ズレたり外れたりすることがなく、白分の歯のようにしっかり噛める歯がよみがえります。

人工物なので慣れるまでは違和感が出ることもありますが、慣れれば本物の歯とほとんど変わらない機能が得られます。見た目も周りの歯と見分けがつかないほど自然なため、近年インプラント治療の人気は高まっています。

ただし、インプラント治療には顎の骨に人工歯根を固定するための外科手術が必要です。小規模の手術ではありますが、不安がある方は入れ歯を選択するのも一つの手だと言えるでしょう。

インプラント・入れ歯・ブリッジの比較

歯を失った場合、当院では下記のような方法で補っています。それぞれの方法を比較してみましょう。

  メリット デメリット
インプラント
インプラント
  • 自分の歯と同じように噛める
  • 見た目が自然
  • 周りの歯に負担がかからない
  • 固いものでも食べられる
  • 発音に影響がない
  • 費用が高い
  • 手術の必要がある
  • 治療期間が長い
入れ歯
入れ歯
  • 治療期間が短い
  • 費用が安価
  • 目立ちやすい
  • 発音に影響が出ることがある
  • 周りの歯に負担がかかる
  • 顎の骨が痩せやすい
  • 噛む力が弱くなる
ブリッジ
ブリッジ
  • 入れ歯よりしっかり噛める
  • 見た目が比較的自然
  • 健康な歯を削る必要がある
  • 周りの歯に負担がかかる
  • 顎の骨が痩せやすい
  • 噛む力が弱くなる

菅原歯科医院のインプラントシステム

今や、インプラントメーカーは世界中にあり、それぞれ独自の製品を開発しています。当院では、何よりも安全性に重点をおき、国内外でトップクラスのシェア率を誇る「ストローマンインプラント」を採用しています。

ストローマンインプラントとは

スイスのインプラントメーカーで、全世界でのシェア率は1位。世界中で選ばれており、長年使い続けられる成功率の高さで知られています。インプラントを入れてから5年後に、そのまま使い続けられる可能性は98.8%。信頼性もトップクラスです。

再生治療

歯周病にかかったり歯が抜けてしまったりした場合、顎の骨は溶かされたり痩せたりして、インプラントを埋め込めるだけの厚さが足りなくなってしまいます。従来はそのような患者様はインプラント治療ができませんでしたが、現在では骨を再生させる方法によってインプラント治療が可能になりました。

GBR

歯周病によって骨が足りなくなってしまった部位に人工骨や自家骨(自分の骨)を移植し、骨の再生を図る治療です。足りなかった分の骨を補えるため、従来ではインプラント治療ができなかった方でも、問題なく治療が受けられるようになります。

症例紹介

症例01

症例02

症例03

症例04

症例05

歯を失ってしまった方、現在使用している入れ歯に不満がある方は、ぜひインプラント治療をご検討ください。まずはご相談から承ります。